本文へジャンプします。




« 3月5日・土曜の競馬 | トップページ | 珍しく食事ネタ »

2022年3月10日 (木)

3月6日・日曜の競馬

弥生賞ディープインパクト記念と表記、あるいはナレーションすることが、なかば強制のように徹底されている状況への違和感について、ツイッターで発言したら、意外なほど多くのいいねと共感コメントを頂戴した。中には放送業界や競馬マスコミの方もおり、けっこう不評であることが改めて浮き彫りに。   
スペースがない場合、従来表記の「弥生賞」とするのもダメなようで、去年も書いたけど「デプ記」という身も蓋もない表記しかできないありさまもいくつか目にした。ディープインパクト記念を副題にするか、それがダメなら単体のレースを別に作れよと声を大にしていいたい。ディープインパクトを称えること自体は当然。私が嫌なのは、フルネーム呼びを上から強制しようというその姿勢に尽きる。

 その弥生賞、時計自体はスローの影響もあって高い評価はできなかったし、不利を受けた馬も多く、結果を素直に評価することはできないが、出走馬のレベルは高く、上位馬はそれなりに本番へ向けても期待が持てそうだ。2着ドウデュースはペースが上がっても崩れるシーンが浮かばない。アスクビクターモアは、むしろペースが上がった方がより走れる可能性もありそうだ。掲示板に載った馬たちはそれぞれ強い。距離を不安視するむきもあったインダストリアは皐月賞でも勝負になるはずだが、これはクラブ的にも使い分けされてしまいそうだ。

 競馬予想TVは珍しくうまくいって、配当が低い割に実入りが多めになって助かった。もしドウデュースやジャスティンロックらに不利がなければ、この結果にはなっていなかった公算が大で、もし的中していたにしても配当はダダ下がりだったはず。今回の私の結果は明らかに運だ。
 
 ただ、番組の的中があったからよかったようなものの、それ以外は先週も全く酷い結果だった。とにかく打率をもう少し上げないと話にならない。

 今週末の予定です。
★競馬予想TVは今週出ることになりました。このあと高松宮記念まで3週連続です。
★ラジオ日本は土曜、中山10Rから12Rの担当です。
★YouTubeチャンネルは、金鯱賞で買いたい2頭というテーマで公開中です。

|