本文へジャンプします。




« 体調不良・PCR検査受けての雑感 | トップページ | 4月9日・土曜の競馬 »

2022年4月 8日 (金)

4月2,3日の競馬

4月に入ったので、夏の新潟出張のホテル予約をした。開幕週とお盆過ぎのあたりは、私の定宿では、シングルはもう残り部屋数僅少になっていた。昨日は青本の原稿を仕上げたのだが、もう初夏あたりが視野の仕事の季節になっている。

◆木曜はYouTubeチャンネルの撮影の帰りに競馬四季報の春号購入。デザインが変わり、昔に近い色味とレイアウトになっていた。いくら競馬における紙文化が衰退しつつあるといっても、新聞と四季報はやはり手で触らないと。

◆このところ新刊の作成に手一杯で、こちらの更新が遅れ気味。早くも次の開催週が来てしまう。手短に前週の競馬。

土曜は電話出演。誰でも取れる7Rは手堅く1点で。ラジオでも述べたがゴーゴーユタカは1週ずらしてニュージーランドTでも面白かったかもしれない。しかしこの後は距離を延ばしてラジオNIKKEI賞を目標とするとのこと。
8Rはタテ目をくらい、9Rはアーザムブルーに手が出なかった。ここで出演は終了。
ダービー卿は狙ったミッキーブリランテが内で中団前目を回ってきただけ。もう少し出していけるかと思ったが、この馬には流れが速かったのか?中山芝はにわかに外差しに変貌したのも読めなかった。タイムトゥヘヴンは富士Sで狙っていい思いをさせてもらったのだが・・・フォルコメンも無警戒だった。外すにしても、センスの無い外し方だったと反省。最終レースは無難にゲット、また阪神7Rも◎ロードサージュが頑張ってくれた。

日曜は冷たい雨。亀谷敬正氏の競馬サロンで公開オンライン。喋った内容は分量的にとてもここにまとめられる量ではなかったので、リアルタイムで共有した方たちの記憶にしまっておいて頂けたら。と偉そうに書いたけれど、大半は自分の予想から導いた反省という(苦笑)
 
 大阪杯はツイートもして今更感はあるし、いろいろな方々も書いていて自分も同意見なのでかなり省略。エフフォーリアについては、有馬の後の反動の大きさからくる仕上げの遅れ、さらにスタートでの例のアクシデントが重なってのものだろう。ジャックドールは着順ほど悪くないというか、強い内容だったのでは。落鉄の影響はあまりなかったと個人的には思う。複数の記者の方もツイートしていたが、最もこたえたのはスタート後2F目の10秒3に尽きるだろう。

最後に今週末の予定、
★ラジオ日本、今週は現地に行きます。中山7Rから9Rを担当。
★YouTubeチャンネルは、桜花賞編が金曜夜に公開。ゲストはノーザンF天栄の木實谷場長です。

 

|