本文へジャンプします。




« 6月26日・日曜の競馬 | トップページ | 7月2日・土曜の競馬 »

2022年7月 1日 (金)

競馬関係の雑記

 ツイッターは金曜未明以降、世界的な不具合になっているようで(金曜10時半ころ復旧)。Wi-Fi経由だと繋がらなくなっているということのようだ(金曜午前10時現在)。便利な反面、不可視のトラブルが生じるとダメージが大きくなるのはツイッターに限らず、通信や交通における現代社会の大きなリスクの1つ。

◆国枝調教師が、今夏の猛暑にあたり、夏場限定でパドックの周回を短縮化することを主張しておられた。馬、人双方の熱中症のリスクが、少しでも下がることに繋がるのだから、前向きに検討すべきだと思う。もちろん、開催日がすべて猛暑とは限らないわけで、その辺はルール化というより臨機応変で。
そして夏のローカル場の出張馬房には迅速にクーラー設置が決定。仕事が早くて素晴らしい。

◆故障報が相次ぐ。アリーヴォが脚部不安(球節炎の症状)、そして宝塚記念を競走除外となったオーソリティが骨折判明。ルメール騎手によれば芝とダートの継ぎ目でつまづいたとのこと。早く気づいて大事に至らず何よりだ。パドックから少しいつもと違っていたので、馬には何か痛いかコズむかする自覚があって、返し馬のミスステップに繋がった可能性もある。

少々驚いたのはラブリイユアアイズの引退。記事を見た限りでは理由が明らかにされていなかったので、故障ということでもないのだろうが、まだ3歳夏だけにあまりに早すぎる。無事なら、中山マイルあたりでまだまだやれたと思うのだが・・・・決まったものは仕方ない。阪神JFで助けてもらった恩馬。良い子供を送りだしてほしい。

◆柴田未崎騎手への、平松さとしさんのインタビュー記事が公開されている。必読。
https://news.yahoo.co.jp/byline/satoshihiramatsu/20220701-00303246

最後の騎乗となったリボン賞、敢然と向こう正面から動いて勝ちに行き、ゴール寸前まで粘らせた騎乗は忘れないだろう。恵まれた騎手人生ではなかったが、少なくとも私の記憶には、これでたぶん一生残る。

◆帝王賞はテレビで観戦。テーオーケインズは、スワーヴアラミスの動きにやられた感。もちろんそれだけが敗因ではないだろうが、それが最大のものだろう。ただ、それが無くても馬券圏があっただろうというだけで、勝てたかは疑問。メイショウハリオだって苦しい展開だったわけで、強くなったということだろう。近親にトワイニング(ノンコノユメの父)、そして弟がテーオーロイヤルだから、ケインズの馬主さんにとっては皮肉な結果。

◆この時期はゲリラ豪雨というか、突発的な雨で馬場が急変してしまうのが一番怖い。暑さによる馬の体調はもちろんだけど、事前予想を仕事にしている者にとっては最も厳しい季節。とはいえ条件は皆同じ。そこまで読んで乗り切りたい。
最後に再度週末の予定を。

★関東圏の競馬は福島へ。ラジオ日本の私の担当は、土曜午後の後半、14時半から16時半に移ります。今週末は日帰りします。

★新刊のAmazonキャンペーンは今週末までとなっています。

★競馬予想TV出演あります。

★YouTubeチャンネルはお休みです。

|