本文へジャンプします。




« 12月2,3日の競馬 | トップページ | 12月16,17日の競馬 »

2023年12月15日 (金)

年末のこと&12月9,10日の競馬

今日金曜の朝、東京はかなり寒く小雨が降っているが、それまでは実に暖かった。平年より10度近く高い気温が続いていたが、2,30年先にはこれが平年並みになっていて、師走に寒い日があるとむしろ驚かれるようになる・・・こともあっておかしくはない。

 今年の漢字ひと文字は「税」だそうだ。「虎」にならなくて本当によかったと思う。もしなっていたら肩身が狭い思いをするところだった(苦笑)。
 個人的に選ぶなら「失」だ。いろいろなものを個人的に失ったし、社会的にも失われたし、また人を喪った1年だった。70年代から90年代にかけて親しんできたミュージシャンたちが、不思議なほどに集中して亡くなったのが一番、また個人的には実家を始末した。社会的にはいうまでもなく政治が、そして一部の報道媒体が信頼を失墜させた。税と繋がることだが、税率上昇だけでなく物価高騰で手持ちのお金が失われていった。失敗、失態、失墜・・・失という文字が似つかわしい1年だったように思う。
 
先週の競馬。土曜は中山へ。到着して「心焦ガレ」のハラミ丼で腹ごしらえ。
ラジオ担当の7Rはタテ目、8Rは荒れすぎ、9Rは絞って取れたけど堅すぎ。前週とは違いあまり良くなかった。
この日は下で中日新聞杯まで見てお台場へ移動開始。その中日新聞杯は本命ヤマニンサルバムが勝利、ハヤヤッコが2着に来てくれた。3連系はダメだったが、馬連なんとか。ラジオでチェックした中山最終も△◎で少し。久々の競馬予想TVを終えて23時すぎに帰宅。

翌日は自宅で競馬。一般戦はイマイチも、両重賞で救われた。カペラSは珍しく想定した通りの流れになり、展開から読んだロードカナロア産駒のワンツーがハマってくれた。そして阪神JFでは、本命のアスコリピチェーノが勝ち切ってくれたことが大きい。
予想TVで狙い目とした中山10Rは、どうやっても取れると思ったが、ベストリーガードがまさかの4着。あの終始絡まれるレースで4着を取れたのは強いのだが・・・。特に痛かったのは、まさか前に行くとは思わなかったゴールドハイアーが、4角手前から勝ちに動いてきたことだ。
香港では日本馬は未勝利。レーベンスティールはどうしたというのだろうか。海外へ持って行って強豪と戦うだけの体力が、備わっていないということなのかもしれない。思った以上に体質を強化する必要があるか。

13日はYouTubeチャンネル撮ってから、病院受診。14日は年末進行の連載を仕上げる。今年の中央競馬もあと2週半だ。

◆YouTubeチャンネルは土曜夕方更新予定です。
◆ラジオ日本、土曜午後13時から14時半の担当です。
◆競馬予想TV、次はホープフルS前日に出る予定です。
◆12月16日土曜、新刊「血統ゲッツ」発売です。よろしくお願い致します。

 

|