本文へジャンプします。




« 2月11日・日曜の競馬 | トップページ | 2月18日・日曜の競馬 »

2024年2月20日 (火)

2月17日・土曜の競馬

先週からブルースカイも開始。ツイッターとの使い分けをどうしたものか決めかねているが、文字数が多い分、ツイッターでは書き切れないようなこと、そして即時性と無縁のことを、たまに書こうかと漠然と考えている。競馬や野球について、リアルタイムで書くことはしないことは決めた。

 13日はYouTubeチャンネルの撮影、16日は朝までに雑誌「競馬の天才」の連載を書く。2月は短いので締め切りも早いのだ。そのあとは八幡山へ。聞こえが悪くて支障が出ていた左耳の2度目の治療。だいぶよくなってきた。
帰りはなぜか久々にラーメンが食べたくなり、目の前にあった喜多方ラーメンの坂内へ。チェーンだからご存じの方も多いと思うが、あのチャーシューとあっさりした醤油味は昔のまま。それにしても、実はラーメンを食するのは2ヶ月以上ぶりなのだ。以前はあれほどラーメンラーメンと飢えていたのに・・・。年を取ったからか、なんとなく敬遠がちだった。豚骨はもともとあまり好きでなかったので、若い頃から食べる機会は少なかったのだけど、味噌はもちろん、塩や醤油ですらあまりそそられなくなっていた。

 帰宅してしばらくすると電話。なんと競馬予想TVに急遽の代役出演と相成った。最終週の東京開催の土曜をゆったり過ごそうと思っていたが、こればかりは助けてもらう時もあるので仕方ない。

 もう夕方近かったので、ルーティンの予想原稿の仕事を先に片づけてからテレビの準備へ取り掛かる。フリップ原稿や各馬のコメント作成など。なんとかいつもの土曜より1時間押しくらいで終えることができた。

 土曜、ラジオ終了後の時間を競馬場で楽しむことができなくなったので、早めに向かう。10時前に着いてうろうろ。朝兼昼飯、前日のラーメンに続いてチープというかポップなものが食べたくなり、フジビュー西フードコートのココイチを目指して歩いていたら、スタンド内1階に競馬YouTuberとして大人気のマリさんご夫妻を見かけた。ファッションがバッチリ決まっていて、かつタレントのようなオーラがバリアを作っていて、もちろんプライベートで来ているのであろうし、声をかけるのはためらわれたので、黙って前を通過。天が二物を与えた、本当に理想的なカップルだ。

 ココイチがどうかは分からないが(でも多分そう)、外食産業は値段キープの代わりに内容量が減ったところが多い。どこも大変、仕方ないこと。コンビニのおにぎりやパンも明らかに小さくなったし。なので量が物足りず、隣の鳥千で骨なしチキンを1つ。そして本番前なのに、ハイボールを飲んでしまった。アル中ではないが、むしろ気合が入る(笑)。

 12時前に控室入り。ケガと戦ってきた藤井勘一郎騎手の引退コメントが入ってきていて、下読みをしていた某アナは涙ぐみそうになっていた。志半ばであったことには違いないと思うが、第二の人生が幸せであってほしいし、藤井氏にしかできない挑戦や使命が待っているはず。しかしまずはとにかくお元気で。

 担当最初の7Rはハズレ、8Rと9Rは堅かったこともあり無難に的中。下に降りてダイヤモンドSまで観戦。本命ワープスピードは出遅れが痛かったが3着に何とか入ってきた。京都牝馬Sはプレサージュリフトでかなり自信があったのだけど、速い流れを前付けしてしまって脚を失くしていた。

 

 最終は移動中にラジオで。東京の馬連、3連複で傷をある程度埋めたが・・それもケンキョが頑張ってくれたおかげ。1日トータルではやや負け。
 長くなったので続きは次回。

 

|